釣り関連用品

飛距離が出る遠投ベイトリールおすすめ10選!メリットを紹介!

飛距離が出る遠投ベイトリールとは、軽量ルアーも遠くに投げられる釣り具です。本記事では、最新の飛距離が出る遠投ベイトリールを紹介します。それぞれの飛距離が出る遠投ベイトリールの特徴やメリット・デメリットについても詳しく解説しています。

遠投ベイトリールは、遠くのポイントに正確にルアーを届ける能力が魅力。これにより、手の届かない大物を狙う釣りが可能になります。本記事を参考に、あなたにぴったりの飛距離が出る遠投ベイトリールを見つけてみてください。

下記はシマノのオフショアジギングリールにフォーカスした記事です。詳しく解説しているので、もし気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

釣り 寒い 防寒 子ども
シマノのオフショアジギングリールのおすすめ10選を解説!

シマノのオフショアジギングリールとは、強力な引きに耐える高性能リールです。 本記事では、最新のシマノのオフショアジギングリールを紹介します。それぞれのシマノのオフショアジギングリールの特徴やメリット・ ...

続きを見る

飛距離が出る遠投ベイトリールとは

飛距離が出る遠投ベイトリールとは、遠くのポイントにも届く特化型の釣り道具です。このリールは、特に重いルアーだけでなく、軽いルアーも遠方へ正確に届ける能力を持っています。

高度な技術を駆使して設計されたこのリールは、釣りの効率を大幅に向上させるために開発されました。飛距離が出る遠投ベイトリールを利用することにより、釣りの可能性が広がり、遠くのポイントも狙えます。また、精密なブレーキシステムにより、風にも負けず正確なキャストが可能になります。

近年では、遠投性能を重視したベイトリールの需要が高まっています。市場では、高性能モデルが3万円から5万円程度で取引されている傾向にあります。ただし、遠投ベイトリールを使用する際は、正確なキャスティング技術が必要です。また、ラインの絡みやバックラッシュのリスクも高まるため、事前の練習と慎重な調整が欠かせません。

飛距離が出る遠投ベイトリールの3つの特徴とそのメリット

ここでは飛距離が出る遠投ベイトリール のメリットについてご紹介します。この記事では

  • 遠投性能が抜群
  • 操作性が高い設計
  • 耐久性に優れる

の3つにフォーカスしてご紹介します。

遠投性能が抜群

飛距離が出る遠投ベイトリールの魅力の1つ目は、その圧倒的なキャスティング性能にあります。この性能により、釣り人はより広い範囲を効率的に探ることが可能となり、狙ったポイントに正確にルアーを届けることができます。

また、遠投ベイトリールは風に強いというメリットも持ち合わせており、風が強い日でも安定した飛距離を確保できるため、釣果の向上が期待できます。このように、遠投ベイトリールは釣りの幅を広げ、より多くの魚との出会いを実現させる魅力的なツールです。

操作性が高い設計

飛距離が出る遠投ベイトリールの魅力の2つ目は、その精密なキャスティング性能にあります。これらのリールは、軽量ルアーから重量級まで幅広い範囲のルアーを遠くへ正確に投げることができるため、釣りの可能性を大きく広げます。

また、高度なブレーキシステムを搭載しているため、バックラッシュ(糸の絡み)のリスクを大幅に減少させ、快適な釣り体験を提供します。さらに、操作性が高い設計は初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応し、釣りの楽しみをより深くしてくれるでしょう。

耐久性に優れる

飛距離が出る遠投ベイトリールの魅力の3つ目は、その耐久性に優れている点です。このタイプのリールは、高度な技術で設計されており、長期間にわたって厳しい使用条件にも耐えることができます。特に、遠投に必要な力強いキャストや、塩水での使用が想定される場合において、部品の摩耗や腐食に強い素材が選ばれています。

このように耐久性に優れていることで、頻繁なメンテナンスや部品交換の手間が省け、長期間にわたって安定した性能を維持し、コストパフォーマンスも高まります。

飛距離が出る遠投ベイトリールの2つのデメリットとその注意点

ここでは飛距離が出る遠投ベイトリール のデメリットについてご紹介します。この記事では

  • 価格が高め
  • メンテナンスが大変

の2つにフォーカスしてご紹介します。

価格が高め

飛距離が出る遠投ベイトリールのデメリットの1つ目は、価格が高めに設定されていることです。高性能な遠投ベイトリールは、精密な機構や高品質な材料を使用しているため、その分コストがかかり、結果として製品価格が上昇します。また、操作性に関しても、初心者には扱いづらい場合があります。

高度なキャスティング技術やリールのメンテナンス知識が必要になるため、使いこなすにはある程度の練習と経験が求められます。これらの点を考慮し、購入や使用を検討する際には、自分の技術レベルや予算と照らし合わせることが重要です。

メンテナンスが大変

飛距離が出る遠投ベイトリールのデメリットの2つ目は、メンテナンスが大変であることです。特に、精密な機構を持つ遠投ベイトリールは、砂や塩分、水分などが内部に侵入しやすく、これらが原因で故障するリスクが高まります。

そのため、使用後は必ず丁寧な洗浄と乾燥、そして定期的な潤滑が必要になります。この手間を怠ると、リールの性能が低下し、最悪の場合、修理や買い替えが必要になることもあります。遠投を追求する上で、高性能なリールを長く使い続けるためには、メンテナンスへの注意と手間を惜しまない姿勢が求められます。

飛距離が出る遠投ベイトリールの選び方

ここでは飛距離が出る遠投ベイトリールの選び方についてご紹介します。この記事では

  • 軽量ルアー対応性を確認
  • スプールの大きさと重さをチェック
  • ベアリングの質と数に注目
  • ブレーキシステムの種類を理解
  • ギア比の選択で投げやすさを考慮

の5つのポイントにフォーカスしてご紹介します。

軽量ルアー対応性を確認

飛距離が出る遠投ベイトリールを選ぶ際に重要なポイントの1つ目は、リールの軽量ルアー対応性です。特に、軽量ルアーを遠くに投げるためには、スプールの回転性能が高く、かつ軽いルアーでも安定して飛ばせる設計のリールが必要になります。

また、軽量ルアー対応性を確認する際には、リールの最小投入重量が重要な指標となります。一般的には、3g以下のルアーでも扱えるモデルを選ぶと、幅広いルアーに対応しやすくなります。このように、軽量ルアーでも高い飛距離を実現するためには、リール選びにおいて軽量ルアー対応性を重視することが重要です。

スプールの大きさと重さをチェック

飛距離が出る遠投ベイトリールを選ぶ際に重要なポイントの2つ目はスプールの大きさと重さです。大きく軽いスプールは、少ない力で高速回転を実現し、結果としてルアーを遠くへ飛ばすことが可能になります。

また、スプールの重さが軽いほど、始動と停止が容易になり、キャスト時のコントロール性が向上し、飛距離の向上に寄与します。一般的な基準として、スプールの直径は32mmから36mm、重さは約15g前後が遠投に適しているとされています。これらの数値を参考にしながら、自分の釣りスタイルに合ったモデルを選ぶことが重要です。

ベアリングの質と数に注目

飛距離が出る遠投ベイトリールを選ぶ際に重要なポイントの3つ目は、ベアリングの質と数です。ベアリングはリールのスムーズな回転を支え、飛距離に直接影響を与える部品であり、質の高いベアリングを多く搭載しているモデルほど、一般的には回転性能が高く、長距離を投げやすくなります。

また、ベアリングの数は多ければ多いほど良いとされがちですが、特に重要なのは主軸やスプールを支える部分に使用されているベアリングの質です。

一般的な基準としては、最低でも5~7個のベアリングが搭載されているモデルを選ぶと良いでしょう。しかし、ただ多ければ良いというわけではなく、それらが高品質であることが飛距離を伸ばす上で重要になります。

ブレーキシステムの種類を理解

飛距離が出る遠投ベイトリールを選ぶ際に重要なポイントの4つ目はブレーキシステムの種類です。ブレーキシステムには主にマグネット式と遠心式の2種類があり、それぞれが異なる特性を持っています。

マグネット式はダイヤル調整が容易で、細かな調整が可能なため、風のある日や軽いルアーを使用する際に適しています。一方、遠心式は内部にあるピンの数を調整することでブレーキ力を変更し、重いルアーを遠投する際に優れた性能を発揮します。

また、ブレーキ力の基準値としては、マグネット式ではダイヤルの調整範囲が広いほど、遠心式ではピンの数が多いほど細かな調整が可能となり、それぞれの釣り条件に合わせた最適な設定が求められます。適切なブレーキシステムを選ぶことで、風向きやルアーの重さに左右されず、安定した飛距離を実現することができます。

ギア比の選択で投げやすさを考慮

飛距離が出る遠投ベイトリールを選ぶ際に重要なポイントの5つ目はギア比の選択です。ギア比はリールが一回転するときにスプールが何回転するかを示し、これが投げやすさに直結します。

高いギア比は巻き取り速度が速くなりますが、遠投には中〜低ギア比が適しているとされています。また、遠投用にはギア比が5.0:1から6.4:1の範囲が一般的な基準値とされており、これにより適度な巻き取り速度と力強い投げが可能になります。このバランスを考慮することで、飛距離を伸ばしつつ、操作性も保つことができるのです。

飛距離が出る遠投ベイトリールの人気おすすめ10選

ここでは人気でおすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールを10選厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

VISPREA リール ベイトリール 軽量 遠投



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの1つ目はVISPREA リール ベイトリール 軽量 遠投です。このリールが遠投に適している理由は、その軽量設計と精密なギア比にあります。これにより、ルアーをより遠く、正確に投げることが可能になります。また、滑らかなドラグシステムと耐久性の高い構造は、大型魚を狙う際の信頼性を高めます。このような特徴から、VISPREA リールは特に長距離を必要とする釣りや、より大きな魚をターゲットにする釣り愛好家におすすめです。軽量でありながら、パワフルな投げが可能なため、幅広い釣りシーンでその性能を発揮します。

VISPREA リール ベイトリール ベイトフィネスリール



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの2つ目はVISPREA リール ベイトリール ベイトフィネスリールです。このリールが飛距離を伸ばす理由は、高精度なギア比と軽量ながらも強靭なスプール設計にあります。これにより、スムーズな巻き心地と共に、軽いルアーでも遠くへ正確にキャストすることが可能になります。そのため、バスフィッシングやトラウトフィッシングなど、精密なキャストと長距離を要求される釣りを楽しむアングラーに特におすすめです。このリールは、技術を磨きたい初心者から、より高いパフォーマンスを求める上級者まで幅広く対応しています。

VISPREA リール ベイトリール 軽量 遠投



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの3つ目はVISPREA リール ベイトリール 軽量 遠投です。このリールが選ばれる理由は、その軽量設計にあります。軽量であることにより、長時間の釣りでも疲れにくく、また、軽い力で遠くへ正確にルアーを投げることが可能になります。この特性は、特に長時間の釣りを楽しむ方や、遠投を重視する釣りに挑戦したい初心者から上級者まで幅広い層におすすめできます。軽量ながらも飛距離を出すことができるため、効率的に広範囲を探ることが可能になり、釣果の向上が期待できます。

アブガルシア (Abu Garcia) ZENON (ゼノン)ベイトリール ベイトリール 各種



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの4つ目はアブガルシア (Abu Garcia) ZENON (ゼノン)ベイトリール ベイトリール 各種です。このリールの特徴は、軽量でありながらも高い耐久性を持ち合わせている点にあります。その理由は、先進の素材と技術を駆使して設計されているため、軽い力で長距離を投げることが可能になっています。このような特性を持つため、特に長時間の釣りを楽しむ方や、遠投を必要とするシチュエーションで釣りをしたい方におすすめです。耐久性と軽量性を兼ね備えたこのリールは、長時間の使用にも疲れにくく、精密なキャスティングを可能にします。

アブガルシア (Abu Garcia) BLUE MAX船 船両軸リール 各種



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの5つ目はアブガルシア (Abu Garcia) BLUE MAX船 船両軸リール 各種です。このリールが選ばれる理由は、その高い耐久性と安定した飛距離性能にあります。特に、独自のブレーキシステムが投げる力を最大限に活かし、長距離を狙う釣りにおいても精度の高いキャストを可能にします。このような特徴から、遠投を重視する釣り愛好家や、大物を狙う船釣りに挑戦したい方に特におすすめです。耐久性と飛距離のバランスを求める方には、このアブガルシアのBLUE MAX船が最適な選択となるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ (2019モデル)



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの6つ目はダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ (2019モデル)です。このリールの特徴は、ダイワ独自の技術であるマグシールドを搭載している点にあります。これにより、リール内部への水や塵の侵入を防ぎ、スムーズな回転性能を長期間維持することができます。その結果、キャスト時の抵抗が少なくなり、より遠くへ正確にルアーを届けることが可能になります。この高い耐久性と飛距離性能を求める釣り愛好家や、海釣りで大物を狙うアングラーに特におすすめします。耐久性と飛距離の両方を兼ね備えた19 キャタリナは、釣りの楽しさと成功率を格段に高めてくれるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの7つ目はシマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエストです。このリールの飛距離を支える理由は、シマノ独自のマイクロモジュールギアやX-SHIP技術による滑らかな巻き心地と高い耐久性にあります。これらの技術は、リール内部の抵抗を最小限に抑え、より遠くへ正確にルアーを投げることを可能にします。そのため、長時間の釣りでも疲れにくく、精密なキャスティングを求める上級者や、飛距離を伸ばして大物を狙いたい釣り愛好家に特におすすめです。

VISPREA 初心者最適 リール ベイトリール 左巻き



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの8つ目はVISPREA 初心者最適 リール ベイトリール 左巻きです。このリールは、特に初心者の方が使いやすいように設計されており、軽量でありながらも強力な巻き取り力を持っているため、遠投に必要な飛距離を容易に出すことができます。また、左巻き設計により、右利きの方でも直感的に操作が可能で、リールの扱いやすさが向上しています。このような特徴から、VISPREAのこのモデルは、遠投を楽しみたいけれども、ベイトリールの操作に不安を感じている初心者の方や、使いやすいリールを求めている方に特におすすめです。

Mulanimo ベイトリール ベイトキャスティングリール



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの9つ目はMulanimo ベイトリール ベイトキャスティングリールです。このリールが注目される理由は、その高精度なギア比と滑らかな巻き心地にあります。これにより、ルアーを遠くへ正確に投げることが可能になります。また、軽量でありながらも耐久性に優れた構造は、長時間の釣りでも疲れにくいという特徴を持っています。このような特性から、Mulanimo ベイトリールは特に長時間の使用や精密なキャスティングを求める上級者から初心者まで幅広い釣り人におすすめできます。その使いやすさと性能のバランスは、多くの釣りシーンでその価値を発揮します。

サンライク(SANLIKE)ベイトリール 両軸リール 海リール



おすすめの飛距離が出る遠投ベイトリールの最後の商品はサンライク(SANLIKE)ベイトリール 両軸リール 海リールです。このリールが選ばれる理由は、その高い耐久性と精密なキャスティング性能にあります。特に、重いルアーや長距離を必要とする釣りにおいて、その性能を発揮します。このため、海釣りや大物狙いの釣りを楽しむ上級者や、飛距離を重視する釣り愛好家に特におすすめです。耐久性と飛距離の両方を求める方には、このサンライクベイトリールが最適な選択肢となるでしょう。

まとめ

飛距離が出る遠投ベイトリールに関してその魅力や特徴、そしてデメリットに関して詳しくご紹介しました。また、ぜひこの記事で紹介した飛距離が出る遠投ベイトリールの選び方を参考にあなたにぴったりの飛距離が出る遠投ベイトリールを見つけてみてください。

-釣り関連用品

© 2024 ジョベル|あなたのベストを届けるメディア Powered by AFFINGER5